業務案内

「事業所案内」はこちらをご覧下さい

田畑社会保険労務士事務所「業務のご案内」


【アウトソーシング業務】

労働保険・社会保険の手続き

 従業員を雇ったとき、退職したときには各種手続きが必要になります。
また、結婚した、子どもが生まれたなど従業員に扶養家族が増えたなど会社の業務と関係なく必要になる手続きもあります。
 ほかにも年に1回の労働保険料の年度更新、社会保険料の算定など複雑な手続き事務がたくさんあります。
不慣れな人が行うとどうしても時間が掛かったり手続き漏れが発生したしまいがちです。当事務所にお任せ頂ければ迅速に漏れなく申請手続きを行います。

給与計算

 給与計算の作業は毎月発生し、締切日が決まっています。また、複雑な計算が多く給与ソフトを使うにも習熟が必要で属人化しやすい作業です。自社で行っている場合、担当者が退職することになってから後任がいないことに気付き大騒ぎということも良くある話です。
 当事務所にアウトソーシングすることにより、コストを削減し、人的資源をコア業務に集中させることが可能になります。
 個人情報に関しても社会保険労務士は守秘義務が課せられており安心です。
まずはメールにて、お気軽にご連絡ください!

よくある「人事・労務相談」はこちら

★このページの上部に戻る


【人事・労務関連】

人事労務管理に関する相談

 労務管理は従業員のやる気を引き出し、会社の業績を上げるために非常に重要です。また、時間外労働・従業員のメンタルヘルスリスクなど、対応を誤ると大きな経営問題に発展してしまうものもあります。これらの対応は専門知識を持たない経営者様が一人で行うのは非常に厳しいことです。

 他にも「残業を減らしたい」「問題社員をどうにかしたい」など定型的に処理できないことも様々な事例に精通している当事務所にご相談下さい。当事務所ではクライアント企業様ごとに最適な労務管理をご提案します。

就業規則の見直し・作成

 残業代請求・解雇無効確認など労働争議が増えています。
一旦争いが起こった場合、就業規則にどのように定められているかが大変重要な意味を持ってきます。就業規則に不備があったため、会社側の主張が認められないケースは枚挙にいとまがありません。
 また、会社の基本ルール、行動基準を示すことにより、従業員が安心して仕事に集中できる環境ができ、業績アップが期待できます。当事務所では労務リスクを軽減し、従業員が高いモチベーションで働ける就業規則を提案します。

助成金の相談・手続

 雇用保険適用事業所で一定の条件を満たす雇入れや働きやすい環境を作る場合には事前に申請すると助成金を受け取れます。この助成金の原資は事業所が支払っている雇用保険料で、融資ではないので返済不要のお金です。
 国の政策に沿った行動をしてくれる事業主に国から「助成金」という形で援助しようという趣旨なので助成金を受けるために制度を変えるというのは本末転倒ですが、「丁度、若い人を新しく雇おうと思っていた」「定年の年齢引き上げを検討しているところだった」などという場合には助成金を大いに活用すべきです。
 当事務所では助成金の申請業務の代行を承っております。また、顧問契約を頂ければ、助成金情報をタイムリーにお届けできます。
まずはメールにて、お気軽にご連絡ください!

よくある「保険手続・給与計算」関連の質問はこちら

★このページの上部に戻る

コメントは受け付けていません。